マリコスト・ルーム倉田まり子


ケンちゃんチャコちゃん


「楽器が消えた!?」(「ロックバンドとオートバイ」のタイトルもあり?)



1980年10月2日(木)19:30〜20:00 30分

 TBSテレビ



作   富田義朗

音楽 牧野由多可

監督 柴田吉太郎

製作 国際放映、TBS



出演

岡浩也、久米敬子、野崎秀吾、高津住男、岸久美子、大谷淳、よこたゆき、進士晴久、猪狩敬一、山崎康雄、宮寺和
彦、上村正仁、小塙謙士、都井健治、伊東文明、劇団いろは

人見きよし、坂本新兵、倉田まり子(敬称略・クレジット順)








物語

ケンちゃんのお父さんが経営するのは「ファミリーらーめん」。従業員のマンガさんは仕事が終わると「商業簿記講習」
に出かけるようになった。ある日、ケンちゃんが友達と歩いていると、とある倉庫からドラムやギターを演奏する音が聞
こえる。ケンちゃんがそっと覗いてみると、マンガさんと数人の若者が演奏の練習をしている。一緒にいる蕎麦屋の娘、
増井まり子(倉田まり子)によると「ザ・ドリーマーズ(夢見る人たち)」というロックバンドの練習だというのだ。メンバーは
みんな昼間働いたあと、職場の人には内緒でここに集まっている。「商業簿記講習」が嘘だった事をケンちゃんのお父
さんには言わないでほしいと頼むマンガさん。



しかし、「ザ・ドリーマーズ」はまり子の父親の知るところとなり、演奏の楽器は没収されてしまう。ケンちゃんの父親にも
こっぴどく叱られたマンガさんは「バイクの免許を取る!」と言い出し、暴走族のバイクに乗せてもらうようになる。しか
し、バイクから転倒し、怪我をしてしまう。一方、蕎麦屋では理解の無い父親とまり子が言い争いになり、まり子は「私も
バイクに乗ろうかなぁ」とバンド活動かオートバイのどちらを取るかと言い出す。お巡りさんの助言もあり、まり子の父親
は楽器を返却し、「ザ・ドリーマーズ」の活動は復活!「DAY BY DAY」を演奏してめでたし、めでたし。





レビュー

まり子さんは、これがドラマ初出演とは思えないほど、ハツラツとして物怖じしない演技です。

出演シーンも多く、歌も唄ってくれて、30分ドラマにしては良く出来ています。また2ndアルバムの曲「スローモーション」
をアカペラで、少し唄ったりする嬉しいサービスもあります。「DAY BY DAY」もレコードの演奏をそのまま流すのではな
く、ちゃんとバンド演奏風にアレンジされていました。



この頃はアイドルが主役だったり、ゲスト出演する30分ドラマも数多くありました。

1960年代から、1980年代まで、実に20年も続いた「チャコちゃん」「ケンちゃん」シリーズ。30代以上の人には、そ
れぞれの思い出の「チャコちゃん」「ケンちゃん」があると思います。



このエピソードは、テレビガイド(画像下左)と新聞のテレビ欄(画像下右)とではサブタイトルが違います。私が見たのは
「楽器が消えた!?」ですが、昔のテレビドラマ等には若干ですが、サブタイトルに違いのあるプリントが存在する例があり
ます。地域によっては「ロックバンドとオートバイ」で放映されたケースがあるかもしれません。






出演ドラマリストへ


マリコスト・ルーム倉田まり子