マリコスト・ルーム倉田まり子



傑作推理劇場


「砂の密室」


1981年8月19日(水)22:30〜23:24 54分

テレビ朝日 



原作 宮原 昭夫

脚本 吉田  剛("若葉照る≠謔閨j

監督 瀬川昌治

助監督 山田 良美

撮影 満井 坦彦

美術 横山 豊

録音 鈴木 正男

照明 石渡 健蔵

編集 池田 禅

装置 藤田 雄幸

装飾 菊武 敏行

美粧 相馬 優子

記録 桜木 光子

衣装 松竹衣装

調音 松竹映像録音スタジオ

現像 東洋現像所

助監督 山田 良美

進行 水島 誉志次

制作主任 早川 喜康



音楽 東京ビー・ジー・エム 

企画 霧プロダクション

プロデューサー 高橋 正樹、白崎 英介(テレビ朝日)、藤川 忠勝

製作 テレビ朝日 松竹株式会社 



出演

市原 悦子、西村  晃、岡本富士太、倉田まり子、荒井  注、寄山  弘、辻本 厚子、望月 太郎、津路 清子、名
倉 嘉子、喜田 晋平、村上 記代、水木 涼子、城戸  卓、光  映子、谷 よしの、後藤やつ子、秩父 晴子、今井
健太郎、高杉  卓、大杉侃二朗 (敬称略)




本編の前に推理作家のエラリー・クイーンによる解説が付きます

エラリーが選んだ推理作品と言うことになっています

物語


俳句の会に出席していた森夫人(市原悦子)は、句会の世話役で幹事の鈴木さんの無断欠席を不審に思い、自宅の
裏の鈴木家を訪ねる。そこで鈴木早苗さんの死体と転がった花瓶を発見する。捜査係長(荒井 注)は昼寝をしていて
タンスにぶつかり、花瓶が落ちてきた事故として捜査を始める。刑事の加賀見 努(岡本富士太)に森夫人は鈴木家の
居間で犯人らしき人を見たと主張するが、家の周辺は吹き込んだ砂により足跡が無く密室となっていた。



森親子が鈴木家の葬儀に行くと、近くで、よく鈴木家を訪ねていた地主の平山の葬儀が行われていた。死因は心臓発
作だった。平山は刑事の努の親戚で、葬儀に来ていた捜査係長は土地者の顔役(西村 晃)達と目撃者の森夫人の
事を余所者は厄介のタネだと噂話していた。

森夫人は名誉毀損などで告訴すると息巻く。



夜、夫に単身赴任させてこのマイホームに一生住むつもりの森夫人は、だからこそ地元に対して突っ張るのだと春子
倉田まり子)に話す。そこへ刑事の努が謝りに訪ねて来る。森夫人の証言をもとに捜査をやるので、告訴はかんべん
してほしいと申し入れる。



鈴木家の捜査に森夫人が立ち会う。努は全ての鍵は掛かっているし、唯一通れる小窓も外の敷居も砂でいっぱい、路
地も砂でいっぱいで人が通れば足跡が残るはずだ、人が出入りしていない密室である以上、他殺ではないという。森夫
人は、きっちりした性格の鈴木さんが幹事にもかかわらず昼寝をすることなど考えられない、訪問者がありそこで何か
があったに違いないと推理する。



引っ越してきて1年の鈴木さんは親しいのは森夫人と平山さんだけ、しかし平山さんは同じ日に死んでいた。さらに密室
の謎は、小窓から逃げた小柄な犯人が足跡を、すぐそこの海から取って来た砂をまいて消したと推理。そしてあの日す
れ違ったお寺参りのお年寄りのことを思い出す。努はそれは葬式の時、係長と噂話をしていたむつみ会の人達で顔役
の松木さんは平山さんの親友だという。その様子を顔役の松木が盗み聞きしていた。



松木は急いで寺に戻り、むつみ会のメンバーを集める。努と森夫人はお年寄りの聞き込みに回るが、ことごとく留守。
むつみ会のメンバーは供養の為に海に流す風車の掃除と草むしりをしていた。森夫人はやっと見つけた松木に話を聞
くと、平山は土地者のくせに町者の鈴木と付き合った、その為土地者は口を聞かなくなった、だから何も知らんと言わ
れる。しかも松木は森夫人の体をいやらしく触り始めた。何とか逃げ出し努にその事を話すと、年寄りと同居している嫁
はたいてい皆やられると笑い飛ばされる。森夫人は努が言った塵も積もれば山となるという言葉をヒントにして、多人数
が少しずつ砂を持って来るイメージを思い付く。その様子を顔役の松木が盗み見ていた。



次の日食事の支度をしていると、刑事の努から至急会いたいので江ノ島の地慕ヶ淵(?)へ来てくれと電話が入る。森
夫人が地慕ヶ淵へ到着すると、松木が私も呼ばれたと待っていた。松木は森夫人を洞窟の中に案内する。むつみ会の
メンバーが洞窟の中で待ち伏せをしていた。

それは松木の罠だったのだ。



森夫人は自分の推理を話し始める。鈴木さんを殺したのは平山だった。平山が鈴木さんの体を触ったのに驚き大声を
上げたため思わず花瓶で殴り殺してしまう。何とか後始末をした平山は、松木の所へ駆けつけるがあまりの興奮に心
臓発作を起こして倒れてしまう。松木はむつみ会のメンバーを集め何回かに分けて砂を運ばせ足跡を消した。松木は
土地の恥、わしらの恥になると考え、鈴木さんを事故死に見せかけた。その上、よそ者の流れ者には恥を知られたくな
いので、森夫人にも死んでもらうと洞窟の奥に連れて行く。



森夫人はとっさの機転で、春子が努に渡すように頼んでいたカセットテープを利用して逃げようとする。駆けつけた努の
前で洞窟が崩れ松木は生き埋めになった。春子が駆けつけたその前で、洞窟から運び出される松木。



終り



コメント

まり子さんの役柄は、主役の市原 悦子さんの娘役で、法学部弁護士志望の女子大生ということです。1時間番組とい
う短さにも関わらず、出演シーンは多いらしいのですが、事件に実際関わることは無い様です。



(資料提供、レポート作成:ちゅうばんさん)


そういえば、この作品の監督も「土曜ワイド劇場」「火曜サスペンス劇場」と同じ瀬川昌治氏なんですよね。

 

出演ドラマリストへ


マリコスト・ルーム倉田まり子