マリコスト・ルーム倉田まり子


ギャラリー特別編


倉田まり子SLの旅

(資料提供:しどさん)

少年マガジン1979年6月3日号より

少年雑誌の企画で、まり子さんは約1時間20分のSLの旅を楽しまれました。



11時34分金谷駅発

大井川鉄道40Km

澄んだ空気と緑の渓谷をぬって走るSL。

あの懐かしい蒸気機関車の“におい”を求めて、ある日、まり子は一人で旅立ちました。

この機関車は「金谷−千頭」間を走るC1227号機。昭和17年に製造された貴重なもの。









12時53分千頭駅着

旅の終わりはちょっぴりセンチ。人影も消えた構内に、別れの時をのばします。

さよならSL、まり子のSL。


大井川鉄道は、現在も運行されています。



ギャラリー目次へ


マリコスト・ルーム倉田まり子