マリコスト・ルーム倉田まり子



カセット



 ミュージックカセットには独自の企画があったり、アルバムと同内容でもジャケット写真を変えていたりと、中々侮れな
いアイテムです。


あなたにめぐり逢えて                          1979年
曲目はレコードと同じです。

カセットはジャケット写真を変えるというのがアイドルファン心理を突いていますね。
個人的にはこちらの笑顔バージョンのほうが好きです。

ストーミー・ウェザー                           1980年
曲目はレコードと同じです。

こちらはジャケット裏面の写真がLPと違います。
しかし、いったいどういう基準で選んでいるのでしょうか?
←ポインタを置くと、ジャケット裏面がご覧になれます。
(写真自体がとても小さいので、トリミングしてあります)

ダイアリー                                1980年
曲目はレコードと同じです。

LPの写真がそのままミニチュアとなったジャケットですが、少し小さすぎて見づらいですね。
←ポインタを置くと、ジャケット裏面がご覧になれます。

グッドプロポーション                          1981年
曲目はレコードと同じです。

LPの裏面の写真をケース両側に配してるのですが、片方が裏焼きによって向きを変えている不自然さが気になります。
←ポインタを置くと、ジャケット裏面がご覧になれます。
(情報提供:ちゅうばんさん)

TWENTY GIRL  コンサート’81・ライヴ            1981年
曲目はレコードと同じです。

ライブはひと続きで収録されているので、各面ともに総収録時間が記載されています。実際のライヴは、MCを含めて90分くらいだったと聞いていますので、カセットは収録曲をもう少し増やしてくれれば良かったかなとも思います。
←ポインタを置くと、ジャケット裏面がご覧になれます。
(情報提供:なかちゃんさん)

愛の蜃気楼                               1982年
曲目はレコードと同じです。

両面ともLPと衣装は同じですが、テイク違いの別写真なので存在感が際立ったデザインとなっています。
←ポインタを置くと、ジャケット裏面がご覧になれます。
(情報提供:ちゅうばんさん)

エキサイティング・ミニ                          1983年
曲目はレコードと同じです。ポケットカレンダー付。

いつもはカセットは同時には買わなかったのですが、抽選で当たる「アーティストネーム入りトレーナー」がどうしても欲しくて買うことにしました。その甲斐はあって当選しました。

トレーナーはこちらへ

←ポインタを置くと、ポケットカレンダーの写真がご覧になれます。

ファイブイヤーズ                             1984年
曲目はレコードと同じです。

やはりLPとは違う写真で、こちらの方がすっきりした印象です。
これが歌手として最後のアルバムとなったとは、かえすがえすも残念です。

←ポインタを置くと、ジャケット裏面がご覧になれます。
(写真自体がとても小さいので、トリミングしてあります)

倉田まり子・全曲集                           1981年
SIDE A

1.グラジュエイション
2.あなたにめぐり逢えて
3.いつかあなたの歌が
4.HOW!ワンダフル
5.翼のない鳥
6.イヴニング・スキャンダル
7.ミスティー
8.June浪漫
9.ストーミー・ウェザー
10.DAY BY DAY

SIDEB

1.さよならレイニー・ステーション
2.スウィート・リリー
3.ダイアリー
4.タッチ・ミー・イン・ザ・モーニング
5.恋はライ・ライ・ライ
6.恋はAmi Ami
7.ふたりの水平線
8.Good Proportion
9.哀しみのポエジー
10.微笑エピローグ

4thアルバムまでの曲をほぼ発表順にセレクトしています。LP2枚分の収録時間です。                       

倉田まり子・全曲集                           1982年
SIDE A

1.冷たい雨
2.雨のシンフォニー
3.恋はAmi Ami
4.ミスティ
5.HOW!ワンダフル
6.微笑エピローグ
7.イヴニング・スキャンダル
8.スウィート・リリー
9.翼のない鳥
10.グラジュエイション

SIDE B

1.愛の蜃気楼
2.哀しみの中で
3.カナリヤ
4.さよならレイニー・ステーション
5.恋はライ・ライ・ライ
6.June浪漫
7.DAY BY DAY
8.いつかあなたの歌が
9.ふたりの水平線
10.哀しみのポエジー

5thアルバムまでの曲からセレクト。曲構成が発表順ではなくランダムなので、新鮮な感覚で聴けます。

倉田まり子・全曲集                           1983年
SIDE A

1.冷たい雨
2.雨のシンフォニー
3.恋はAmi Ami
4.春の嵐
5.HOW!ワンダフル
6.微笑エピローグ
7.イヴニング・スキャンダル
8.翼のない鳥
9.青いフォトグラフ「東宝映画 ナイン 主題歌」
10.グラジュエイション

SIDE B

1.愛の蜃気楼
2.哀しみの中で
3.カナリヤ
4.さよならレイニー・ステーション
5.恋はライ・ライ・ライ
6.June浪漫
7.DAY BY DAY
8.避暑地の出来事
9.真夏のランナー「フジテレビ系 ナイン 主題歌」
10.哀しみのポエジー

1982年の全曲集のうち、4曲を最後のシングル「春の嵐」「避暑地の出来事」とアニメ・ナインから2曲に差し替えて構成。「哀しみの中で」は前年と同じ曲順にあるにもかかわらず、「哀しみの中に」と誤植されています。「青いフォトグラフ」のジャケット写真をそのまま使っていますが、金縁のケースデザインが何気に豪華に感じますね。
←ポインタを置くと、ジャケット裏面がご覧になれます。
(情報提供:ちゅうばんさん)

八島義郎 作詩作曲選曲集3 加納光記編曲           1982年
SIDE A

1.吉野川によせて(大月みやこ)3分20秒
2.シクラメン(淀かおる)3分40秒
3.南の夜(倉田まり子)1分54秒

SIDE B

1.アルバム(倉田まり子)2分58秒
2.恋情(春日八郎)3分25秒
3.勿忘草(淀かおる)4分21秒

知る人ぞ知る(過去ログ177以降を参照)、一般販売されていないミュージックカセットです。曲の感じを文字で表現するのは難しいのですが、「南の夜」は「バスガイドの歌(発車オーライ、明るく明るく♪)」に似た感じです。もう1曲の「アルバム」は、石川さゆりや森昌子の唄いそうな演歌調というか、時代劇の主題歌にも使えそうな感じで、タイトルからは想像出来ないような曲調でした^^; 倉田まり子CD-BOXが発売されたら、ボーナストラックとして、是非収録して欲しい珍品です。

戻る



マリコスト・ルーム倉田まり子