マリコスト・ルーム倉田まり子



CD

   

   ファーストアルバムとベスト盤のみのリリースというのは寂しい限りです。

   コンプリートCD-BOXの発売が待たれます!


画面にポインタを置くと、ジャケット裏面がご覧になれます。

あなたにめぐり逢えて                   1994年2月5日
曲目はLPと同じです。

15年の時を越え、ファーストアルバムがCD化!発売を知った時は本当に驚きました。帯に「Q盤」の文字があるものも存在するらしいです。

倉田まり子・コレクション                 1999年11月26日
奇しくも歌手デビュー20周年の誕生月に発売されました。デビュー曲からのシングルA面16曲がCDで手軽に聞けるのが嬉しいです。ただし、「ナイン2・恋人宣言」が入っていないのが残念です。

何故か「グラジュエイション」が「グラジュエーション」、「HOW!ワンダフル」が「HOWワンダフル!」と表記されています。

いつまでも青春してね                   1991年1月21日
01.これが青春だ (布施 明)

02.グラジュエイション (倉田まり子)

03.朝まで踊ろう (舘 ひろし)

04.可愛いぜ (岩城滉一)

05.恋のテディーボーイ (クールス)

06.TRY IT (高橋良明)

07.空は七つの恋の色   (パル)

08.あなたを愛して   (BUZZ)

09.だってフォーリンラブ突然  (三原順子)

10.風のノーリプライ (鮎川麻弥)

11.哀戦士 (井上大輔)

12.HOP STEP愛 (新田純一)

13.WHAT A FEELING (麻倉未稀)

14.秋止符 (横山みゆき)

「グラジュエイション」の次が「舘ひろし」とは渋い選曲ですね。
まり子さんの曲の入ったオムニバスCDは幾つかあるらしいです。

キング・アイドル・ヒストリー                1999年11月3日
01.いとこ同志 (有田美春)

02.恋はかけひき (児島美ゆき)

03.涙の河 (マギー・ミネンコ)

04.感情線 (黒木真由美)

05.パジャマSong (手塚さとみ)

06.初恋のメルヘン (キャンディレイ)

07.スパイラルワールド   (榊みちこ)

08.ダイナマイト (岩城徳栄)

09.砂に消えた涙   (杉沢 順)

10.Howワンダフル!   (倉田まり子)

11.だって・フォーリンラブ・突然   (三原順子)

12.タブー (小出広美)

13.風とブーケのセレナーデ   (秋元理央)

14.メロンのためいき   (山瀬まみ)

15.瞳で片想い (八木さおり)

16.初恋の通り雨 (杉本理恵)


まり子さんの曲は「HOW!ワンダフル」が収録されていますが、こちらも「HOWワンダフル!」と表記されています。

Super Select IDOL SONGS               2002年9月4日
01.スローモーション(中森明菜)
02.淋しい熱帯魚(WINK)
03.シャドウ・ハンター(大西結花)
04.BOYのテーマ(菊池桃子)
05.セクシー・ナイト(三原順子)
06.グラジュエイション(倉田まり子)
07.瞳で片想い(八木さおり)
08.ドリーム・ドリーム・ドリーム(岩井小百合)
09.初恋のメルヘン(キャンディ・レイ)
10.悲しいな(杉浦 幸)
11.ゴーイング・バック・トゥ・チャイナ(鹿取洋子)
12.セーラー服と機関銃(薬師丸ひろ子)
13.1986年のマリリン(本田美奈子)
14.サマー・メランコリー(秋ひとみ)
15.マイ・ボーイフレンド(北原佐和子)
16.好奇心(黒木真由美)

7社の音源協力によりバラエティに富み、しかも定番の曲が多く、お買い得な一枚です。
←ブックレット裏面は、キングレコード所属歌手が目立ってますね。

超空想ベースボール 夢のオールスター・ゲーム   2003年7月23日
01.行け行け飛雄馬(ささきいさお、こおろぎ'73)
02.がんばれドカベン(こおろぎ'73)
03.男どアホウ!甲子園(フォー・スラッガーズ)
04.一球さん(堀江美都子)
05.君は何かができる(99 Harmony)
06.ありがとう(99 Harmony)
07.真夏のランナー(倉田まり子)
08.愛がひとりぼっち(岩崎良美)
09.やるぞ!一発野球道(千葉由美、ヤングフレッシュ、こおろぎ'73)
10.アパッチ野球軍(林 恵々子)
11.クールな恋(オーロラ3人娘)
12.野球狂の詩(スキャット:堀江美都子、コロムビア男声コーラス)
13.友情の虹(ジ・エコーズ)
14.侍ジャイアンツ(松本茂之)
15.王者!侍ジャイアンツ(ロイヤル・ナイツ)
16.よみがえれ飛雄馬(ささきいさお、こおろぎ'73)
17.勇気のテーマ(堀江美都子)
18.心に汗を(水木一郎)
19.ボクらの夢によろしく(CHA-CHA)
20.青春虹の橋(かおりくみこ、こおろぎ'73)
21.がんばれ!レッドビッキーズ(こおろぎ'73、コロムビアゆりかご会)
22.やがて青春(日高美子)
23.好きさ好きさレッドビッキーズ(こおろぎ'73、コロムビアゆりかご会)
24.行け行け飛雄馬(アンサンブル・ポッカ)

野球をテーマにしたアニメ等の作品の主題歌・挿入歌集。ブックレットには、各作品についての概要やマニアックな記述があり興味深いのですが、「How!ワンダフル」がセカンドシングルと書かれているところが・・・

テクノ歌謡・キング編 エレクトリック・ラブ・ストーリー  1999年10月25日
ああ、レディハリケーン(近田春夫 )
ROLLING AGE(PIC)
ゴッドハンドのテーマ(極真カラテ軍団、大山倍達)
宇宙防衛軍(遠藤賢司 )
マリオ・シンドローム(ボーナス21)
哀愁の東京タワー(遠藤賢司)
NEO-PLANT(如月小春)
エレクトリック・ラブ・ストーリー(近田春夫)
Let's Find Our Bright Speed Again(EARTHLING)
SATELLITE I-O<LONG VERSION> (SARAH)
チューチューパッパ(なな子&BENCO)
ギャルソン・ギャング(PIC)
未来仕掛けのBABY POP(PINK TANK)
Never On Sunday;(SARAH)
恋はAmi−Ami(倉田まり子)
宇宙よりのパンツマン(辻佳紀)

オムニバス盤にもいろいろありますが、よくある歌謡曲やアイドル歌手とは違い、収録されているミュージシャンの方たちがガラリと変わっていて、どちらかというと、まり子さんだけが異彩を放っているようですね。このCDで特筆すべきは、ライナー・ノーツに「恋はAmiAmi」の曲が、「編み機のCMに使われたことがある」という情報です。本当なんでしょうか?
(情報提供:ちゅうばんさん)

アイドル黄金時代                      2005年
発売元公式ホームページ (BMGファンハウス)←曲目については、公式サイトを参照してください。
誰もが知ってる、70〜80年代女性アイドルのデビュー曲、ヒット曲が満載のCD6枚組です。レコード会社の壁を越えて集められた128曲、総演奏時間は7時間半にも及びます。レコード時代にこれだけのシングルを集め、それを連続して聞くことはかなり難しく、CD時代が成熟したからこそ出来た企画です。選曲にも相当苦労されたと思われます。167ページに及ぶブックレットには、一曲につき1ページのジャケット写真と歌詞はもちろん、ヒットチャート、売上枚数等のデータと歌手のエピソードが載っていて、資料としても充分価値があります。

当時の自分は、好きな歌手以外のレコードを買わなかったので、フルコーラスで聞く各曲はどれもが新鮮なサウンドであり、またその当時が「アイドル原体験」であったため、すんなりと耳に馴染みます。収録曲数はピンク・レディーの5曲が最も多く、我らが倉田まり子さんは、残念ながら「グラジュエイション」一曲のみの収録となっています。付属のブックレットを見て驚いたのは、二代目引田天功(朝風まり)の本名が「板倉満里子」で、デビュー曲「ザ・マジック」の作曲が都倉俊一先生であったりと、まり子さんとビミョー に共通点があるということです(笑)。

戻る



マリコスト・ルーム倉田まり子